正しくは

内臓の健康具合を数値で測ることのできる性能の良い機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、人の自律神経の様子を測ることで、内臓の具合を把握することができるという機能性の高いものです。
日頃から習慣的に爪の調子に気を付けることで、ほんのわずかな爪の異常や体の異変に対応し、より自分に合ったネイルケアを楽しむことができるのだ。
例えるなら…あなたは今、この文章を読みながら頬杖をついているのではないでしょうか?実はこれは手の平からの圧力をフルに頬に与えて、お肌に不必要な負担をかけることに繋がっています。
このコラーゲンとは、有害な紫外線をもろに浴びてしまったり化粧品による刺激を繰り返し受けてしまったり、人間関係など精神的なストレスが澱のように積もったりすることで、崩壊し、あろうことか製造することが困難になっていくのです。
美容外科というのは、正しくは外科学のジャンルであり、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは別のものである。加えて、整形外科学と勘違いされることがよくあるがまったく異分野のものだ。
皮ふの若さを保つ新陳代謝、言いかえるとお肌を生まれ変わらせることが可能なタイミングは限定されていて、それは夜半に眠っている時しかありません。
ドライ肌とは、肌の角質の細胞間脂質と皮脂の量が通常のレベルよりも減少することで、皮ふから水分が失われ、皮膚がパリパリに乾燥してしまう症状を示しているのです。
アトピーの原因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種類、もしくは複数)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる因子、など。
押すと返すお肌の弾力感。これを保持しているのは、かの有名なコラーゲン、すなわちタンパク質です。バネの役割を担うコラーゲンが確実に肌を持ち上げていれば、嫌なタルミとは無縁でいられます。