図解でわかる「切手相場」

「一度使った切手に価値なんかない」と予想されている方が多いかと思いますが本当はそれは間違いかもしれません。
古いものの中でも、状態がよくコレクターの中で需要の高いものであるとたとえ使用済み切手であったとしても業者に買い取ってもらえることもあります。
万が一ご自宅にその様な切手が眠っていたら、試しに切手買取業者に相談してみてください。
ご自宅に珍しい切手コレクションの遺品が遺されている場合や、使いようがない切手をどうにかしたいという時、買取鑑定士に珍しい切手を買い取ってもらいたいという時もあるでしょう。その様な場合に、大事なことは、買取業者をどうやって選ぶか、です。よほどのマニアならともかく、殆どの方が詳細は分からないと思うので、過去の珍しい切手買取の実績がどうなのかや、口コミなんかもチェックしてみて業者をどこにするか選んでいくといいと思います。
切手を売るときには、店頭での買い取りであれば、多くのお店で即日買取が可能です。
郵送する場合に比べて手軽ですし、かつ、即現金化が可能なので、もし急いでいる場合であればとても便利です。
目の前で鑑定をやってもらえるということも、安心できていいと思います。もしその日に買取をしてもらいたいという時には、本人確認書類が必要となりますので、運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートなどを忘れずに持っていきましょう。
収集した珍しい切手が大量にある場合、自分でお店に持っていくよりも、出張買取という方法を選択することが、賢い買取のコツです。
ここ数年では、専門として珍しい切手買取を行う鑑定士も出てきて、さかんに出張買い取りを行っている業者も増えています。出張買取の長所といえば、時間をかけて店まで行く必要がなくなり、ゆっくり時間をかけ、査定を行ってもらえるという点です。
旧プライスの切手が手元にあり、新価格の切手へ換えてもらう場合、その二つの差額に、さらに手数料を別途で取られてしまいます。
10円以上の切手の場合には1枚あたり5円支払う必要があり、10円未満の切手の場合には、合計の半分の値段が手数料として必要となります。
いっそ新しく買った方が、得だということもあり、状況次第ですが、買取を行っている業者に、売った方がいいという場合もあるでしょう。
一般的な珍しい切手買取鑑定士においては、「プレミア切手」という名前の珍しい切手も買い取っています。
「プレミア珍しい切手って何?」という人も多いと思います。これは、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、「見返り美人」とか「月に雁」というものがよく知られています。
なかなかないものなので、シートではなくバラになっていたとしても高価格での買い取りになる可能性もないとは言えません。使用する予定のない切手を「売りたい」という人も多くいると思います。
その様な時には買い取りのお店に送って査定を受けるという手法もあります。
使わないで保管しておくより、売ることをおすすめします。
予想外に高額に売れるかもしれません。
やってみる価値はあると思います。
この切手はいくらで売れるか、額面以外の付加価値を考えたとき売買需要のバランスによって値動きが生じ、価格変動は常に起こる可能性があります。そんな中で、自分が切手を買い取ってもらうとき、できる限り切手の価値を高めたいと思うのが当然で、切手の買取相場を定期的にのぞいてみるか、業者の査定を定期的に受けるなどを検討してください。切手はバラであっても買い取ってもらえるようです。私は初めて知りましたが珍しい切手を買い取ってもらう時にどうやって台紙に貼りつけたらいいかを調べてみたら、適当にではなく綺麗に並べていないと認められないらしくちょっときつそうです。
とはいえ、貼りつけるだけで買取額が上がるんなら少しやってみるのもいいと思います。
切手を買い取ってもらおうとするとき注意しておかなければならないのは中には悪徳な業者もいるということです。
悪徳業者というのはこちらの専門知識のないところを利用し、通常の取引額より買取額をかなり低く提示してきます。
完全に見分けるということは困難ですが、事前準備として、利用した人の声を調べておけば、悪い業者に引っかかりにくくなると思います。