アインシュタインの最後の言葉は永遠に謎

くまのプーさんはチーズが嫌い。
プーさんは食べ物には何にでも蜂蜜をかけて甘くして食べるのだそうですがチーズだけは甘くならなかったと訳でチーズは嫌いになったそうです。
アインシュタインの最期の言葉はドイツ語でその周りにドイツ語を理解できる人間がいなかったため何を語ったが分かって 4月15日にプリンストン病院に入院し周囲から手術を勧められるもこれを拒否。
入院中の間駆けつけた長男ハンスト面会した方が良いんでも研究を続けるべく秘書に電話をかける必要な用具を持ってくるようにも伝えている。
そして4月18日の午後1時過ぎアインシュタインは76歳の生涯を終える。
彼は死の間際にドイツ語で最後の言葉を残したがその場にいた看護師がドイツ語を理解できなかったため彼が最後に何を語っていたのかその内容については不明です。